ドッキングステーション




ドッキングステーションとは、NECが販売した198ピン拡張バスコネクタを持つ98NOTE用の周辺機器です。
このドッキングステーションを使うことで、拡張が限られた98NOTEでもCバス用のボードが使えるようになります。
ファイルスロットを持つPC-9821N-U04PC-9821N-U05の2つがありますが、ほぼ同じ仕様になるそうです。

PC-9821N-U04の仕様(121ware.com)

PC-9821N-U05の仕様(121ware.com)


Cバススロット

   → 

裏側にはCバススロットが1つあるので、PC-9801-86を実装して東方旧作の音を鳴らせます。
98NOTE側に内蔵音源が搭載されているなら、無効にしてサウンドボード側が有効になるように設定する必要があります。


ドッキングステーションの設定



ドッキングステーション側にもスイッチ設定がありますが、基本的に出荷時設定で良いようです。

PC-9821N-U04/PC-9821N-U05の設定(別サイト)


その他

起動時にROMアクセスがあるので起動が遅くなります。
サイズは380×322×67(mm)でかなり大きく、重さも5.6〜6.9(Kg)もあります。


戻る