モノクロ液晶のPC-9801NS/T40で東方旧作


スペック

PC-9801NS/T40
CPU i386SL(98)20MHz
OS MS-DOS 5.0A
メインRAM 標準RAM 640KB
ビデオRAM 256KB
液晶 8.9インチ白黒液晶(8階調)
CRTパックでカラー表示可能
サウンド オプション
FDD 内蔵
HDD 40MB

ネタで白黒液晶(8階調)のPC-9801で東方旧作をプレイしてみました。


ゲームプレイ

【靈異伝】



意外とタイトル画面の表示速度は普通。
FM音源ユニットがあれば音楽だけでも楽しめます。



ゲームスタートすると、この画面で止まってしまいプレイができませんでした。
仕方なくSTOPキーで強制終了してコマンドプロンプト画面へ戻ることに。

【封魔録】







ゲーム開始と同時に出てくる化け化けで処理が重くなってしまいます。
そして敵が撃ってくる弾と背景の色が同色なため、バトルガレッガ以上に厳しいプレイに……(あと残像がひでぇ!)。
もし、これが通常の処理速度だったら、ニュータイプ級の能力が必要になるのは間違いなし。



1ボスの里香。

【夢時空】







動作はもっさりだが5作中これが一番遊べるレベルかも?

【幻想郷】







背景画像が若干マトリックス。



【怪綺談】






戻る