SNE SOUND ORCHESTRA L




このSOUND ORCHESTRA LはYM2203 + YM3812搭載のサウンドボードで、SOUND ORCHESTRAからジョイスティックポートを省き、EMS対応という仕様になっています。
SOUND ORCHESTRA VはYM2203 + Y8950にADPCMを搭載。

基板の型番
 LはE401=0203=001A SOUND ORCHESTRA LV BY SNE
 VはE401=0203=001 SOUND ORCHESTRA LV BY SNE


音源チップ



音源チップのYM2203とYM3812にY8950のスペースも見えます。
ソフトが対応していなかったら26音源ボードとなります。


背面側



左からROMスイッチ、OUT(ミニジャック出力)、VOL(内部スピーカー用)

ROMスイッチはOFFにするとSOUND BIOSが切り離されます。
ミニジャック出力は疑似ステレオ。


ジャンパーピン



@ROMスイッチ(JP1)


工場出荷時の設定

A割り込み設定スイッチ(JP3-1/3-2)


INT5 工場出荷時の設定


INT0


INT4


INT6

BI/Oポートスイッチ(JP2)


0188H/018AH/018CH/018EH 工場出荷時の設定


0088H/008AH


ドライバ/ソフト

ドライバ/ソフトは無し。
同社からサウンドミュージックやユーティリティソフトなど発売されていました。


フリーソフト

【みゅあっぷ98 V1】

SOUND ORCHESTRA V/VS用。

URL:http://ohta.music.coocan.jp/packen/download.htm


動作確認

【MS-DOS 5/6】

靈異伝 OK
封魔録 OK
夢時空 OK
幻想郷 OK
怪綺談 OK


その他

基板で音源チップの近くにSOUND ORCHESTRA LVという文字あり、ネットオークションでは時々この製品名で出品されたりしますが、LVという製品は存在しません(LとVの基板が共通のため)。


戻る