SNE SOUND ORCHESTRA




SNE(エス・エヌ・イーまたはシスネット)が発売した26音源ボードのSOUND ORCHESTRA(サウンドオーケストラ)です。
姉妹品としてLITTLE ORCHESTRAがあります。
基本仕様はPC-9801-26Kコンパチブルで、以下の独自機能が追加されています。

基板の型番:E401=0201=001 SOUND ORCHESTRA BY SNE


仕様

【音源】

音源チップはYM2203YM3812の2個搭載で、音源が拡張されていますが、ソフトが対応していなかったら26音源ボードとなります。
YM2203のみはFM音源3音/SSG音源3音ですが、追加されたYM3812も含めるとFM音源12音/SSG音源3音/リズム5音となっているようです。
ちなみに、この拡張された音源で曲を作るには、ユーザーがマニュアルを見てソフトを自作する必要があります。

【擬似ステレオ】

 

NECのPC-9801-26Kがモノラルに対して、このSOUND ORCHESTRAは音源パートを左右に振り分けて曲を演奏させる疑似ステレオとなっており、右からFM音源/左からSSG音源と音が出力されます。
これは市販のDOSゲームや東方旧作でも少し変わった曲を体験することができますが、モノラルで作られた曲を単純に分けて演奏させるだけなので、人によっては聞こえ方に違和感を感じるかもしれません。
また、SNEは「ステレオ」と謳っていますが、厳密には「疑似ステレオ」となります。

※マニュアルは左がYM2203(FM音源)となっていますが、これは間違いのようです。


音源チップ



音源チップは上がYM3812で下がYM2203です。


背面側



左からJOYSTICK×2、RCA出力、ミニジャック出力、音量調整(内部スピーカー用)

JOYSTICKはATARI仕様なので、MSXのジョイパッドが使えます。
RCA出力はモノラル、ミニジャック出力が擬似ステレオになっています。


ジャンパーピン



@ROMスイッチ(JP1)


工場出荷時の設定

6番ピン外し → YM3812切り離し & YM3812用のBIOS使用不可。
2番ピンを5番へ → YM2203切り離し。

A割り込み設定スイッチ(SW3-1/3-2)


INT5 工場出荷時の設定


INT0


INT4


INT6

BI/Oポートスイッチ(JP2)


0188H/018AH/018CH/018EH 工場出荷時の設定


0088H/008AH


ドライバ/ソフト

ドライバ/ソフトは無し。
同社からサウンドミュージックやユーティリティソフトなど発売されていました。


ゲームソフト

アスキーが出版した「蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾」によると、ウルフチームの斬 〜陽炎の時代〜、日本テレネットの夢幻戦士ヴァリスII(隠し対応)が、このSOUND ORCHESTRAに対応しているそうです。
斬を聴いてみた個人的な感想として、標準音源に控えめに音が追加された程度で、豪華・派手といったアレンジは期待はしない方がいいでしょう。
ちなみに斬はII、IIIと続編が出ていますが、こちらは対応から外されたようです。

※Intel 486搭載機種でYM2203は問題ありませんでしたが、どうもYM3812がまともに鳴らないようなので、クロック周波数を下げれる機種は8〜10MHz相当にしてみてください。


動作確認

【MS-DOS 3.3/5/6】

靈異伝 OK
封魔録 OK
夢時空 OK
幻想郷 OK
怪綺談 OK


シリーズ

SOUND ORCHESTRA

SOUND ORCHESTRA L

SOUND ORCHESTRA V

SOUND ORCHESTRA VS

SOUND ORCHESTRA LS

SOUND ORCHESTRA MATE

これ以外にも少し仕様違いの製品がありますが、26音源と擬似ステレオを搭載しているところは同じのようです。


戻る