PC-9821Ne


スペック

CPU i486SX(33MHz) → i486DX4(75MHz)
OS MS-DOS 5.0A
メインRAM 3.6MB(最大14.6MBMB)
ビデオRAM 512KB
液晶 9.5インチTFTカラー
サウンド オプション
FDD 内蔵
HDD 540MB

初代PC-9821のノートパソコンで、唯一110ピン拡張バスを持つ機種です。
サウンドはオプションとなっているので未搭載。


拡張バス





110ピン拡張バスがあるので、変換コネクタを使わずにFM音源ユニットやCバス拡張ボックスを直接接続できます。


PCカードスロット



このPC-9821Neに搭載されているPCカードスロットは旧規格なので、これにFM音源カードを挿しても対応していないか壊れてしまいます。


CPU



CPUはi486SX(33MHz)ですが、これで東方旧作を動かすには少し厳しいので交換する必要があります。
この機種はCPUの交換が可能で、i486SX(33MHz)からi486DX4(75MHz)にアップグレードできます。

− i486SX(33MHz) −

処理落ちは起きますが、夢時空までならギリギリでプレイできるかもしれません(多分)。

− i486DX4(75MHz) −

処理落ちが気にならずにプレイが可能。


ゲームプレイ

− MS-DOS 5.0A(音源無し) −

靈異伝 OK
封魔録 OK
夢時空 OK
幻想郷 OK
怪綺談 OK

− MS-DOS 5.0A(Cバス拡張ボックス + PC-9801-86) −

靈異伝 OK
封魔録 OK
夢時空 OK
幻想郷 OK
怪綺談 OK

− MS-DOS 5.0A(FM音源ユニット) −

靈異伝 OK
封魔録 OK
夢時空 OK
幻想郷 OK
怪綺談 OK


戻る