98NOTEでPC-9801-86を実装


説明

Cバススロットが無い98NOTEにPC-9801-86を実装して東方旧作をプレイするページです。
周辺機器で98NOTE用のCバス拡張ボックスという物があります。
これは110ピン拡張バスを搭載した98NOTEで使える周辺機器で、接続することでCバス用の拡張ボードが使えるようになります。
しかし、この110ピンを搭載した98NOTEはPC-9801であり、この機種は東方旧作を動かすに必要なスペックを持っていません。
上位互換であるPC-9821なら東方旧作を動かせるスペックを持っていますが、この機種になると110ピンではなく198ピンに変更されています(一応PC-9821Neという110ピンを持つ機種もあり)。
このページは変換コネクタを使って198ピンを110ピンへ変換して、拡張ボックスとPC-9801-86でデスクトップと同等の環境を揃えるという流れを紹介します。


拡張バス



これが110ピンです。



これは198ピンになります。


揃える端末と周辺機器

− 98NOTE PC-9821 −



東方旧作を十分に動かせるスペックと198ピン拡張バスを搭載した98NOTEが必要です。
このページではPC-9821Na7/H7を使います。

− PC-9821n-U07 −



NEC純正の198ピンを110ピンに変換するコネクタです。
これを使えるのは198ピンを搭載した98NOTEで……

PC-9821 Ns
PC-9821 Np
PC-9821 Nf
PC-9821 Nx
PC-9821 Naシリーズ

辺りの機種になります。
NEC以外ではCONTECからNOTE-CN1(9N)という変換コネクタも発売されており、こちらは本家と比べてコンパクトになっています。
ちなみに、どちらもオークションでは稀にしか出品されないので、手に入れるのが困難になっています。

− PC-BOX161 −



IO DATA製のCバス拡張ボックスです。
スロットは1つだけのコンパクトな拡張ボックスになります。
NEC純正ではPC-9801N-08が中古ショップやオークションで見かけたりしますが、こちらはサイズが大きいです。

PC-9801N-08

− PC-9821-86 −



Cバス用のサウンドカード。


接続



@PC-9821Na7/H7

APC-9821n-U07(変換コネクタ)

BPC-BOX161(Cバス拡張ボックス)
PC-9821-86実装済み。

CPC-9821本体のACアダプタ
変換コネクタで本体の電源コネクタは隠れてしまうので、変換コネクタ側にある電源コネクタにACアダプターを接続します。

D拡張ボックスのACアダプタ
接続した状態でPC-9821本体の電源を入れると同時に拡張ボックスの電源も入ります。
このACアダプタが無い状態でPC-9821の電源を入れると、起動しないか、メモリチェック時にエラーメッセージが表示されます(他のCバス拡張ボックスでも同じ)。


設定とOSの動作確認



設定はデスクトップと同じく、サウンドを使用しないにしてサウンドボートが使える状態にしておきます。
内蔵音源が無い機種は設定が不要です。
OSはMS-DOS 5/6とWindows 95(DOSモードも含む)で動作を確認。
PC-9821n-U07には本体ROMアップグレードディスクが付属していますが、場合によってはこれが必要になるかもしれません。


同等の環境だが……



これで98NOTEでデスクトップと同等の環境で東方旧作が遊べるようになります。
PC-9821-86を使っているので曲が忠実に演奏され、ATARI仕様のジョイスティックも使うことができます。
ただ、これらの周辺機器を集めるとお金がかかってしまいます。
特に変換コネクタやCバス拡張ボックスの価格が高くなってしまったり、オークションでもあまり見かけることが無いので探すのも困難になります。
専門のショップだと在庫があれば直ぐに揃えることは可能ですが、余計にお金がかかるので、デスクトップでプレイ環境を揃えた方がマシかもしれません。
ちなみに、コンピュータ・テクニカからPCMCIA(PCカード)タイプのI/Oボード用の拡張ボックスも発売されていたそうです。
これでサウンドボードも使えるかは不明。


戻る