MS-DOSでCard86-Rを使う




98NOTEでFM音源カードのCard86-RをMS-DOSで使えるように設定してみた一例です。
標準的なセットアップのみで高度な設定はやりません(私はあまり詳しくはないので)。


用意する物

− 98NOTE −

説明の流れで使う端末はPCM音源のみのPC-9821Np/540Wになります。
OSはMS-DOS 6.2がインストール済みで、ドライブAがハードディスク(MS-DOS 6.2)、ドライブBがフロッピードライブ。

− PCカードサポートソフト −

PC-9821Np/540WにはPCカードサポートソフトが付属していたみたいですが、中古で買った時にはOSしか付いてこなかったので、PC-9821n-U07に付属していたソフトを使います。
バージョンによってはディスク内容が異なることもあるようです。

− FM音源カード −

使うFM音源カードはQvisionのCard86-R。
MS-DOS対応のドライバがあること。


PCカードサポートソフトのインストールと設定

 

起動中の98NOTEのフロッピードライブにPCカードサポートソフトを入れて、INSTCARD.EXEを実行します。



INSTCARDコマンドが起動したら

インストール元ドライブ:PCカードサポートソフトがセットされているフロッピードライブ(ドライブB)のことなので、このまま設定。
インストール先ドライブ:MS-DOSがインストールされているハードディスク(ドライブA)なので、これもこのまま設定。
インストール先ディレクトリ:PCカードサポートソフトをどこにインストールするかですが、これもDOSディレクトリのまま設定。

この説明では設定を変更することなく、デフォルト設定のままインストールします。
実行を選ぶとインストールが始まります。



インストールが終了するとCONFIG.SYSも書き換えられます。
フロッピードライブからPCカードサポートソフトを取り出して98NOTEを再起動させます。

 
画像クリックで拡大

ちなみに、CONFIG.SYSはこのように書き換えられます。



再起動したら、今度はDOSディレクトリにインストールで追加されたCARDCFG.EXEを実行します。



CARDCFGコマンドが起動したら

PCカードサポートソフトウェア:登録
ドライブ:はA:

で設定し、実行を選びます。



有効になるように再起動します。



再起動でDOSシェルだと、このようにドライブのアイコンが増えます。
これを確認したら一度98NOTEの電源を落とし、PCカードサポートソフトのインストールは終わりになります。


Card86-Rドライバのインストール



次はFM音源カードのドライバインストールになります。
PCカードスロットにCard86-Rを実装し、98NOTEを起動させます。
スロットは2つありますが、どちらに実装してもOKです。

 

98NOTEが起動したら、フロッピードライブにCard86-Rのユーティリティ(ドライバ)を入れてINSTALL.BATを実行します。



ドライバのインストーラが起動しますが、ここからは説明に従って設定してください。
ちなみに、PCカードスロットかCard86-Rが認識されていない場合は、インストールを進めることができません。

 

インストールが終わるとドライブAのルートディレクトリにCARD86Rディレクトリが作成されて、その中にCard86-Rのドライバが入っています。
同時にCONFIG.SYSも書き換えられます。
ドライバが有効になるように再起動します。


確認

 

再起動でCard86-Rに接続したスピーカーやヘッドフォンから、ノイズが流れるようになったら認識していることになります。
念のため、DOSディレクトリにあるCARDINFO.EXEを実行し、Card86-Rが接続されているか確認します。



確認がOKであればゲームを起動し、Card86-Rから音が出れば設定は終了になります。


メインメモリ

 
画像クリックで拡大

CONFIG.SYSにPCカードスロットとCard86-Rのドライバが組み込まれるので、メインメモリも消費することになります。
左はDOSシェルが有効状態ですが、メモリの空きが足りなかったら無効にしてみてください。


戻る