アルファデータ SUPER SOUND AD-FS2




このSUPER SOUND AD-FS2は、SUPER SOUND SS-10IIにPCM出力機能と1MB FDDインターフェースを追加した、多機能ボードとなっています。
FM音源の出力はSS-10IIと比べてノイズが多い感じです。

基板の型番:AD9311015-01A 1.0V/AD9311015-02A Ver 2.0


システム環境

OS:MS-DOS、Windows 3.1
対応機種:PC-9801BA、BX、BA2、BS2、BK2/PC-9821MATE Bp、Bs、Be

対応機種はPC-9800シリーズの98FELLOWと98MATE Bで、マニュアルで「BK2」という誤植がありますが、おそらくBX2のことだと思います。
サウンド機能は他の機種(EPSON PCシリーズなど)でも使えるようです。


仕様

【基本仕様】

PC-9801-26K上位コンパチブル

【PCM出力機能】

SSG機能を使ってWindows 3.1上の音声データを再生(8ビット・モノラル)

付属のフロッピーディスクに専用ソフトが含まれています。

【FM波長出力(約78MHz)】

演奏中の曲を無線で飛ばし、それを受信したラジオで鳴らせれる機能

使い方はSS-10IIのページに書いてあります。

【1MB FDDインターフェース】

外付けフロッピーディスクドライブが接続可能


バージョン

 

バージョンでAD9311015-01A 1.0VAD9311015-02A Ver 2.0を確認しています。
PHONE、TUNING、VOLUMEをまとめた影響なのか、1.0Vは素手でVOLUME(ロータリボリューム)を調整できないとなっており、Ver 2.0はロータリボリュームの位置が修正されているようです。


音源チップ



音源チップはYM2203で26音源。


背面側



左から1MB FLOPPY DISK、JOYSTICK、VOLUME/TUNING/PHONE

1MB FLOPPY DISKは外付けフロッピーディスクドライブの接続。
JOYSTICKはATARI仕様なので、MSXのジョイパッドが使えます。
VOLUMEは内部スピーカーとPHONEの調節が可能。
TUNINGはFM波長出力の調整。
PHONEの出力はステレオ(2ch)で、SNEのような疑似ステレオではありません。


FDDコネクタ



付属の5インチ/3.5インチ用接続ケーブル追加信号用ケーブルで、PC-9800の内蔵フロッピーディスクドライブと接続できます。


設定



@アドレス、D/A用INT切り替えスイッチ


工場出荷時の設定

1(アドレス)
ON:88H・8AH・8DH・8EH
OFF:188H・18AH・18DH・18EH

2(D/A用INT)
ON:INT1
OFF:INT0

AYM2203のWait(JP1)


工場出荷時の設定

JP1-1:YM2203のWait 32分周(I/O Wait 3.2μsec)
JP1-2:YM2203のWait 64分周(I/O Wait 6.4μsec)
JP1-3:YM2203のWait 128分周(I/O Wait 12.8μsec)
JP1-4:YM2203のWait 256分周(I/O Wait 25.6μsec)

BD/Aサンプリングレート(JP3)


工場出荷時の設定

JP3-1:44.1KHz
JP3-2:22.02KHz
JP3-3:11.025KHz
JP3-4:5.5125KHz

CFM電波(JP2)


工場出荷時の設定

ピンあり:FM電波を送信する
ピンなし:FM電波を送信しない


ドライバ/ソフト

3.5インチのフロッピーディスクが1枚付属し、内容はサウンドエディタやWAVEプレーヤーとなっています。
後期製造ではフロッピーディスクがもう1枚追加されていたそうです。


動作確認

【MS-DOS 6】

靈異伝 OK
封魔録 OK
夢時空 OK
幻想郷 OK
怪綺談 OK


戻る