NEC PC-9801-118




PC-9801-86の後継品として登場したPC-9801-118です。
Windows用のサウンドボードなのでMS-DOSでの動作は対象外となっているようですが、設定でPnPを無効にすることでDOSゲームや東方旧作の曲を鳴らすことができます。
ただし、PCM音源は86仕様ではなくMATE-X互換、サウンドROMは無しとなっています。
このサウンドボードは使う機種に合わせてジャンパピンを設定する必要があり、これがかなり面倒なもので、詳しい知識がないと上手く扱えないボードとなっています。
その為、見かけてもお薦めはできませんが、PC-9801-86と同様に検索すると詳細な情報は出てきます(同時に他の不満点も知ることができます。)
この面倒で扱いづらいを解消したのが、QvisionのWave SMIT/Wave Starになるようです。


MS-DOS/Windows

当時のユーザーはDOSゲームをやるならPC-9801-86、WindowsではPC-9801-118と使い分けていたようです。


音源チップ



音源チップのYMF297。
MS-DOSでは86音源相当。


背面側



ジョイスティックがATARI仕様(2列9ピン)からゲームポート(2列15ピン)に変更されています。
仕様が違うため東方旧作は対応していません。


ジャンパーピン



@ジャンパーピン(12個)

設定(一部で説明が不完全)

A音源ボード接続コネクタ
別売りのPC-9821C3-B02(MIDI音源サブボード)を接続するソケットコネクタです。
設定がかなり厄介みたいですが封魔録のMIDIを鳴らせれるようです(私の方では未確認)。


前期型と後期型



PC-9801-118は前期型と後期型があり、このように違いがありますが音源に変わりはありません。


ドライバ/ソフト

− ドライバ −

Windows 3.1/95のドライバが付属しています。
121ware.comではWindows 95のドライバがダウンロードできます。

− ツール −

http://www.vector.co.jp/soft/dos/hardware/se069794.html
INIT118

http://www.vector.co.jp/soft/dos/hardware/se046149.html
VSD Virtual Sound Driver for EMM386

http://www.vector.co.jp/soft/dos/hardware/se040053.html
VCSD Virtual Canbe Sound Driver

http://www.vector.co.jp/soft/dos/art/se027512.html
VRMD


動作確認

− MS-DOS 5/6 −

靈異伝 OK(MDRV98を旧バージョンに差し替えることでプレイ可能)
封魔録 OK
夢時空 OK
幻想郷 OK
怪綺談 OK


戻る