封魔録のMIDIを鳴らす




東方旧作で唯一MIDIに対応している封魔録限定のページで、その鳴らし方についていくつか紹介します。


MIDI音源モジュール



封魔録のMIDIを忠実に鳴らすにはSC-88相当が必要になり、これはRoland(ローランド)のMIDI音源モジュールのみとなります。
MIDIモードは多少は処理速度が重くなるみたいですが、CPUでPentium 100MHzもあれば十分です。

【音源モジュールの接続】

Roland SC-88 + MIDIインターフェースボード

MIDIインターフェースボードを使った手順で、先ずはこちらのページを見ることを推奨します。

Roland SC-88 + シリアルケーブル

シリアルケーブルを使った手順です。

Roland SC-88 + MIDIアダプタ

MIDIアダプタを使いますが、これは上記のシリアルケーブルの手順と似たようなものになります。


MIDI音源ボード



1枚のMIDI音源ボードで鳴らすというものです。
ただし、封魔録が求めるSC-88相当の音源ボードは無く、Rolandが発売したGPPC-N/GPPC-NAはSC-55相当LAPC-NはCM-32L相当となっています。

【MIDI音源ボードの紹介】

Roland GPPC-NA

Roland LAPC-N

SNE MIDI COMPOSER 55PCMZ

ドライバの組み込みや難しい設定は無く、封魔録のOPTIONでMUSICをFMからMIDIにするだけです。


MIDI音源サブボード

 

対応サウンドボードにMIDI音源サブボードを実装するというものです。
しかし、こちらもSC-88相当は無いようで、Roland製のSCB-7はSC-7互換SCB-55はSC-55mkII互換となっています。
また、MIDIをMS-DOSで鳴らすには少しハードルが高いので、環境が揃っているユーザーが遊びで鳴らすような感じになります。
NECは「MIDI音源サブボード」と呼んでいますが、ユーザーによっては「MIDI音源ドーターボード」「MIDIドーターボード」「MIDIドーターカード」と呼ばれているようです。

【一部のMIDI音源サブボードの紹介】

Creative Wave BLASTER II

NEC PC-9821C3-B02

Qvision MidiStar/GS

MIDI音源サブボードはCreativeのWave BLASTERから始まり、海外製も含めると多くの種類が出ていたみたいですが、今では殆どが手に入りづらいとなっています。

【実装可能なサウンドボード】

Creative Sound Blaster 16 for PC-9800
 ┗MIDI音源サブボードを実装して封魔録のMIDIを鳴らす

NEC PC-9801-118

Qvision Wave SMIT
 ┗MIDI音源サブボードを実装して封魔録のMIDIを鳴らす

Qvision Wave Star

PC-9800用サウンドボードでは、この4枚がMIDI音源サブボードを実装可能となっており、封魔録のMIDIを鳴らすとなったら、

Sound Blaster 16 for PC-9800はドライバの組み込みやソフトを使うが、ボードは容易に入手可能
Wave SMIT/Wave Starは簡単にMIDIを鳴らすことができるが、その条件が揃ったボードの入手はハードルが高い

という感じになります。
PC-9801-118もソフトを使うことで鳴るみたいですが未検証です。


経年劣化による故障

FM音源ボードと同じく、MIDI音源モジュールやMIDI音源ボードも経年劣化による故障が起きます。
大体はコンデンサの寿命が原因になりますが、インターネットで検索すると修理したときの記事が見れることもあります。


戻る